竹富島「かにふ」|地元民おすすめの本格派レストランでいただく島料理

離島に行くとまず困るのが飲食店探し。観光地でおいしいものを食べるのを諦めている方も少なくはないでしょう。

有名観光地で「どこでも食べられるようなメニューを、1,000円近い価格で食べる」なんて経験した方もいるはず。でも、せっかく旅行に訪れたからにはおいしいものが食べたいですよね。

かにふ ご飯

竹富島には「かにふ」があるので安心してください。良心的な価格で、おいしい料理が食べれられます。

地元の方もお食事処「かにふ」をイチオシしてましたよ!竹富島観光にきた際には、足を運んでみてはいかがでしょうか。

竹富観光センターの水牛乗り場からすぐ!お食事処「かにふ」の雰囲気

かにふ 看板

竹富島のお食事処「かにふ」は竹富観光センターの水牛乗り場から徒歩3分、竹富郵便局近くにあります。

「かにふ」と書かれた大きな看板が目印。口を開けたかわいらしいシーサーがお出迎えしてくれますよ。

予約なしでも乗れる!

竹富島に訪れた際に、やりたいアクティビティといえば「水牛車(すいぎゅうしゃ)」。 水牛が引く牛車でのんびりと揺られながら、ガイドさんが三線で奏でる民謡を聴き、沖縄らしい集落をまったりと一周できます。 竹富島の水牛車乗り場は「新田[…]

水牛車

シーサーがお出迎え!竹富島のお食事処「かにふ」

かにふ 入り口

趣きのある外観がグッド。竹富島らしい雰囲気で、シーサーがちょいちょい顔をのぞかせています。お手洗いは入り口の左手にありますよ。

かにふ 営業時間

こちらのシーサーは営業時間を教えてくれます。竹富島のお店は夜の閉店時間が早く「かにふ」も20:00まで。のんびりしすぎに注意しましょう。

広々とした店内!店外にはテラス席も

かにふ 店内

店内はテーブル席・カウンター席、店外にはテラス席があり、広々とした空間。ハイシーズンは満席になることもあるせいか、事前に予約している席もちらほら見受けられましたよ。

冷房がしっかりと効いていたので、汗だくの私にとって天国のような空間でした。

夜は居酒屋としても人気! 竹富島「かにふ」おすすめメニュー

かにふ ビール

特においしかったメニューを紹介します。ぜひメニュー選びの参考にしてくださいね。

ちなみにビールはジョッキもキンキンに冷えてて、たまらないおいしさ。石垣島の日差しで汗をかいた後に「とりあえず生!」とオリオンビールをキメちゃいましょう!

牛&豚 ダブルハンバーグ 単品(1,300円)

かにふ ハンバーグ

かにふの看板メニュー「牛&豚 ダブルハンバーグ」。人気ナンバーワンメニューです。

美崎牛ハンバーグ(トマトチーズソース)、島豚ハンバーグ、エビフライが乗っています。まさに「大人向けお子様ランチ」ですね。ワクワク感をギュッと一皿に詰め込んだメニューは肉汁ジューシーで、たまらない満足感でした。

牛&豚 ダブルハンバーグセット(1,500円)にすれば、ライス・椀そば・小鉢が付くのでさらにお得に食べられますよ。

竹富島産車海老のエビフライ 2本(1,000円)

かにふ エビフライ

竹富島はおいしい車海老が獲れることで有名。そのため島の飲食店ではどこも車海老がメニューにあります。せっかく竹富島に訪れたからにはカリッと揚げられたこちらのメニューを食べましょう。

サクサクでプリプリのエビは身がギュッと詰まっていて、「さすが名物!」と舌鼓を打ってしまいました。

エビフライの油をビールでグイッと流し「車海老のエビフライ×オリオンビール」をキメちゃいましょう。エビフライは1本(400円)で、ちょっぴりお得に追加できますよ。

厚揚げ島豆腐(550円)

かにふ 厚揚げ

こんもりと盛られた大根おろしが目を引くメニューです!

泡盛のおつまみにと思い、箸休めのつもりで頼んだ「厚揚げ島豆腐」。一回食べると箸が止まらない止まらない。笑

泡盛のおつまみにぜひ頼んでみてはいかがでしょうか!

八重山そば 小(400円)

かにふ 八重山そば

八重山を訪れたら一度は食べておきたい「八重山そば」。

かにふは八重山そばにもこだわっています。おダシがきいていて安定のおいしさでした!小さめのお椀に盛られた八重山そばは、ついついお酒のシメに頼みたくなりますね。

竹富島のお食事処「かにふ」のランチ&ディナーメニューを詳しく紹介

竹富島のご飯やさん「かにふ」は、地元の素材を活かした料理が味わえるレストランです。ランチだけでなく、夜メニューも豊富。お酒にぴったりのメニューも数多くありますよ。

私が訪れたときのメニューを紹介しますね。ディナー限定のメニューも多いので、ランチの時間には必ずしもあるとは限らないので気をつけてください!

一番人気はハンバーグ!お食事メニュー

かにふ お食事

牛&豚 ダブルハンバーグセット(1,500円)
島豚3点セット(1,400円)
アグー豚の肉厚トンカツセット(1,600円)
シーフードセット(1,500円)
ベジタリアンセット(1,400円)
みやぶた ポークソテーセット(1,400円)
美崎牛焼肉丼 小鉢・椀そば付(1,300円)
タコライス 椀そば付(1,200円)
島野菜カレー(1,200円)
カツカレー(1,100円)
アグー豚メンチカレー(1,100円)
エビ・グルクンフライカレー(1,100円)
石垣牛ビーフカレー(1,600円)
軟骨ソーキそば(850円)
八重山そば(700円)
八重山そば 小(400円)
てびちそば(950円)
石垣牛のあぶり焼き冷製サラダ仕立て(1,500円)
島豆腐のサラダ(800円)
グルクンサラダ(800円)
竹富島産車海老のエビフライ 2本(1,000円)
軟骨ソーキのオーブン焼き(800円)
ミックスチャンプルー(800円)
豆腐チャンプルー(800円)
てびちのから揚げ(800円)
やわらかタコから揚げ(550円)
カーリーポテトフライ(650円)
紅イモのコロッケ(350円)
石垣牛もろみ豚粗挽きソーセージ4種(1,000円)
茶豆(450円)
厚揚げ島豆腐(550円)

デザートメニュー

▼かき氷 各種(550円)
マンゴー・グアバ・イチゴ・パッション・シークワーサー・メロン
▼ブルーシールアイス 各種(400円)
サトウキビ・バニラ・塩ちんすこう・マンゴーシャーベット・紅イモ
▼さんぴん茶ゼリー(400円)(以下からシロップをチョイス)
黒糖・マンゴー・グアバ・パッション・シークワーサー
▼島豆腐の豆腐プリン(400円)

ドリンクメニュー

▼トロピカルジュース・ソフトドリンク(350円)(追加フロート +200円)
マンゴー
グアバ
パッション
シークワーサー
アイスコーヒー
さんぴん茶(アイス)
アップルジュース
コカコーラ
ジンジャーエール
▼ホットコーヒー(500円)

昼飲みもできる!アルコールメニュー

かにふ 泡盛

▼泡盛 ソーダ割(650円)
ロック(550円)
水・お湯割(550円)
3合ビン チェイサーセット(2,500円)
※請福・請福(赤)・於茂登・玉の露・宮の鶴・白百合・紅一粋(芋焼酎)
▼オリオンビール
生ビール 中(650円)
生ビール 小(450円)
瓶ビール(700円)
▼ノンアルコールビール(450円)
▼トロピカルビール(650円)
マンゴー・パッション
▼泡盛リキュール ソーダ割(650円)
ロック(550円)
水・お湯割(550円)
※請福梅・請福生姜・請福ゆず
▼チューハイ(650円)
シークワーサー・マンゴー・グアバ・パッション

その他、ワインボトルあり

竹富島観光へ来たなら、お食事処「かにふ」へ!

かにふ エビフライシーサー

かにふは創作シーサーがお出迎えしてくれるお店。店の周りにはかわいらしいシーサーたちが多くいます。このシーサーは名物のエビフライを持ってにっこりしてますね。

かにふ マドラー

マドラーが船をこぐオールになっていたり

かにふ メニュー

メニューが昔なつかしいドット絵のRPG風になっていたりします。

お料理がおいしいだけではなく遊び心も満載で、ついつい写真を撮りたくなってしまいたくなるモノが多くある「かにふ」。竹富島に遊びにいった際に「かにふ」に訪れてみてはいかがでしょうか。

竹富島のゲストハウスといえば!

コバルトブルーの海に囲まれ、沖縄らしい伝統的家屋が立ち並ぶ「竹富島」。そんな竹富島の旅をすてきに彩るためにも、慎重に宿を選びたいところ。 集落のなかにある「竹富島ゲストハウス&ジュテーム」は、安く宿泊できるうえ、大手宿[…]

ジュテーム 外観
絶景が楽しめるカフェ

石垣島から船で10分。伝統の沖縄家屋が立ち並び、道を歩くと水牛車に出会える、世界的観光スポットである「竹富島」。 美しい伝統的家屋や自然が残されている一方、のんびりできるカフェは多くありません。 ご紹介する「ハーヤナゴミカフェ([…]

ハーヤナゴミカフェ 窓から見える風景
住所:沖縄県八重山郡竹富町字竹富494
電話:0980-85-2311
営業時間:11:00~15:00 18:00~20:00
定休日:夜のみ不定休
駐車場:なし

スポンサーリンク