竹富島「コンドイビーチ」は干潮と満潮でふたつの顔をもつ、猫の楽園だった

石垣島からフェリーを利用して、10分で行ける人気の離島「竹富島(たけとみじま)」。

手付かずのうつくしい自然と、石垣造りの街並みが残る、沖縄らしいゆったりとした雰囲気が味わえる島です。

そんな竹富島の定番観光スポットといえば「コンドイビーチ」。

今回は、白い砂浜とエメラルドグリーンの海がうつくしい「コンドイビーチ」の魅力を、まるっとレポートしていきます!

目次

バスでの行き方がおすすめルート! 竹富島「コンドイビーチ」へのアクセス

コンドイビーチ 案内標識

島の玄関口である竹富港から「コンドイビーチ」までは2.3kmのキョリ。

徒歩で30分ほどかかるため、歩くにはつらい道のりです。

竹富島は細かい砂が道路のうえにまかれているので、クルマの運転が難しく、観光客にはレンタカーを貸し出していません。

そのため「コンドイビーチ」へはバスか、レンタサイクルのどちらかで向かうのが定番。

では、バスとレンタサイクルの、詳しいアクセス方法をご紹介します。

帰りは予約が必須! 竹富島「コンドイビーチ」へのバスでの行き方・料金

バス

竹富港を降りたら正面に駐車場があります。そこに停車している、バスに乗車してください。

料金は大人300円、子ども150円です。

バスに乗ったら、運転手に「コンドイビーチまで」と行き先を告げましょう。

ルートにもよりますが、10分ほどで「コンドイビーチ」へ到着しますよ。

バス停

竹富島を走るバスは、完全予約制。竹富島交通(0980-85-2154)に電話をして、迎えに来てもらいます。

出発時刻は「毎時00分/30分」の30分おき。出発時刻の15分前までに必ず電話をしましょう。

転倒注意! 竹富島「コンドイビーチ」への自転車での行き方

竹富島 道路

竹富島のまわりを走る道路を、反時計回りで道なりに進むと「コンドイビーチ」の案内標識が見えてきます。

白砂にハンドルを取られて転倒しないように、気をつけて運転してくださいね。

駐輪場

駐輪場は「コンドイビーチ」のすぐ横にあります。

カゴのなかに食べ物を置いておくと、動物に荒らされる可能性があるので、荷物は忘れずに。

シュノーケリングより海水浴向き! 竹富島「コンドイビーチ」のアクティビティ

緑のトンネル

駐輪場から奥へ進むと、緑のトンネルが現れます。

トンネルを抜けると「コンドイビーチ」は、すぐ目の前……!

コンドイビーチ 小浜島

白い砂浜とエメラルドグリーンの海がうつくしい「コンドイビーチ」に到着!

奥に見えるのは、NHKドラマ『ちゅらさん』の舞台になった小浜島です。

さらに目をこらすと西表島も見えてきます。

コンドイビーチ 景色

「コンドイビーチ」は、遠浅が長く続くビーチ。

光の反射が柔らかく、淡いブルーの海がどこまでも続きます。

コンドイビーチ 透明度

水も透明度バツグンで波が穏やかなので、海水浴にはうってつけのビーチです。

子ども連れのファミリーでも、安心して海遊びが楽しめます。

しかし、沖の方まで砂地が続くため魚はあまりいません。

シュノーケリングではなく、海水浴を満喫しましょう

シュノーケリングやダイビングを楽しみたい方は、アクティビティに予約しておくと、フルに竹富島を堪能できます。

マリンアクティビティを体験するとしないでは、旅の思い出がグッと変わるので、ぜひ事前にチェックしてみてくださいね。

\ 人気のアクティビティがズラリ /

干潮時は陸続き、満潮時には“幻の浜”が現れる「コンドイビーチ」

幻の浜
ほぼ満潮時刻の「幻の浜」(写真奥)

「コンドイビーチ」は、満潮時刻になると200mほど沖に「幻の浜」が現れます。

干潮時刻には、ほとんど陸続きになっている砂浜の大部分が、満潮時刻になると海のしたに隠れるのです。

ぜひ満潮時刻を狙って「幻の浜」に上陸してみてくださいね。

「コンドイビーチ」にある休憩所でひとやすみ

休憩スペース

海遊びを堪能したら、右手に見える休憩スペースでひとやすみをしましょう。

竹富島「コンドイビーチ」は猫の楽園! 休憩所にはたくさんの猫たち

猫 たくさん

休憩スペースに入ってみると、ベンチに座っているのはたくさんの猫たち

竹富島は“猫島”としても有名だそうです。

「コンドイビーチ」には、竹富島の住民が設置した“猫ハウス”があり、多くの猫が暮らしています。

眠る猫

すやすやと眠る猫を眺めていると、なんだか癒されてきますね。

笑っている猫

さまざまな猫の表情を観察できる「コンドイビーチ」。

猫好きにはたまりません。

ビーチと猫

竹富島の住民によって、大切に守られている猫たち。

本当に幸せそうに暮らしていて、その生活をうらやましく思うほどです。

ちなみにビーチには猫のために使われる、募金箱も設置されていましたよ。

コインロッカーがないため、自己管理を! 竹富島「コンドイビーチ」の設備

コンドイビーチ 看板

「コンドイビーチ」には、ロッカー設備はありません

貴重品は持ってこない、あるいは防水ポーチを利用するなど、防犯対策をキチンとしましょう。

それでは、早速「コンドイビーチ」の設備をご紹介。

竹富島「コンドイビーチ」の設備① 「更衣室」

更衣室

更衣室のなかは個室が3つ。

広々とした着替えスペースがあり、荷物を置く棚も設置されていました。

竹富島「コンドイビーチ」の設備② 「シャワー室」

シャワー室

シャワー室も個室が3つあります。

なかに入る前に、入り口脇の水道で砂を洗い流してから利用しましょう。

ビーチのシャワーに慣れていない方は、素足で入ると床が気になるかもしれません。

ビーチサンダルを用意しておくといいですよ。

竹富島「コンドイビーチ」は子ども連れのファミリーにおすすめのビーチ

伸びている猫

「コンドイビーチ」は竹富島に来たからには外せない観光スポット。

遠浅で水深が浅いため、特に子ども連れのファミリーにおすすめしたいビーチです。

さらに海を楽しみたい方は、マリンアクティビティを事前に予約しておくといいでしょう。

ステキな思い出の1ページになること、間違いなしです。

\ 人気のアクティビティがズラリ /

透明度バツグンの海を満喫するもよし、かわいい猫に癒されるもよし、それぞれの楽しみ方で「コンドイビーチ」を堪能してくださいね。

「コンドイビーチ」の基本情報

住所:沖縄県八重山郡竹富町
営業時間:24時間
定休日:なし
駐車場:あり

よかったらシェアしてね!
インスタ

関連記事

目次
閉じる