手乗りシマリスと遊ぼう!「オホーツクシマリス公園」でエサやり体験

北海道網走市呼人にある「オホーツクシマリス公園」は北海道に来たからには、ぜひ行っていただきたい観光スポット。

50匹ほどのシマリスたちが暮らす「シマリスの森」で、とても人懐っこいシマリスと、心ゆくまで遊べます。

シマリス 動画

手のひらサイズのシマリスがエサをほおばる姿はキュートで愛らしく、その姿を見たらたちまち癒されること間違いなし。

癒しオーラいっぱいのシマリスたちに元気をもらうため、足を運んでみてはいかがでしょうか?

北海道網走市「オホーツクシマリス公園」へのアクセス

シマリス公園 外観

「オホーツクシマリス公園」への路線バスはありません。レンタカーや自家用車で行きましょう。

女満別空港から 10.7km 15分ほど

網走駅から   10.6km 15分ほど

網走湖のほとりに「オホーツクシマリス公園」はあります。湖畔には狭い道もあるので、安全運転で向かってくださいね。

「オホーツクシマリス公園」に入る前の注意点

シマリス公園 注意書き

館内に入る前に、従業員さんから「安全についてのルール」の説明を受けます。特に重要な注意点は以下の通り。

  • 移動のときはゆっくりすり足で
  • 岩に腰掛けない
  • 立ち上がるときは、必ず足下を確認する

館内でシマリスたちは自由奔放に走り回っています。そのため、気づかないうちに足の下に入り込んでしまうことも。数回、不幸な事故が起きたこともあるそうです。

シマリス公園 注意書き

誤って踏んでしまい、シマリスの命を奪うことのないよう、細心の注意を払いましょう。

シマリス公園 入場口

従業員さんからの説明を受け、いざ館内へ。館内に入る前に、シマリスと触れ合う用の軍手を借ります。

こちらの扉を開けたら、いよいよシマリスたちとご対面!

癒しオーラいっぱい!「オホーツクシマリス公園」のシマリスたち

シマリス公園 館内

館内は、人間が歩く道が整備されていて、緑が盛りだくさん。

シマリス公園 遊具

シマリスの遊具もちらほら。シマリスたちが元気に走り回れる環境が整えられています。

館内あちらこちらにシマリスがいるため、目をこらしながら進むと……、

シマリス公園 第一シマリス

第一シマリスを発見!道に落っこちたエサを食べています。

シマリス公園 通路

あちこちでシマリスたちが走り回っているため、踏まないように細心の注意を払いながら、ゆっくりすり足で進みましょう。

シマリス公園 エサ

シマリスとふれあうためには、エサでおびきよせるべし。手のひらサイズのエサは、受付でもらえます。

最初にもらったエサがなくなってしまったときも安心。10倍ぐらいの量が入った「シマリスのエサ」(500円)が買えますよ。

稲穂 シマリス

手のひらにエサを持つと、かわいらしいシマリスがすぐに近寄ってきます。夏前のシマリスは警戒心が薄れていて、手のひらにちょこんと乗ってくることもあるんです。

人懐っこく一心不乱に稲穂をほおばっている姿を見ると、そのかわいさに胸が締め付けられそうに。

シマリス 複数

一匹だけではなく、たくさんのシマリスが集まってきてくれるため、楽園状態に。シマリスによって好物が違うので、ひまわりの種やくるみなど、さまざまな種類のエサを与えてみてくださいね。

それでは、かわいらしいシマリスたちの姿をダイジェスト形式でご紹介していきます。

シマリス ひまわりの種

こちらのシマリスは、ひまわりの種が好物のよう。小さな前足でしっかりと種を抱えています。

シマリス 切り株

ちょこんと切り株の上に座り、エサをほおばるシマリス。奥のカラスに狙われないよう、気をつけて……!(カラス避けのオブジェなので、本物ではありません)

シマリス ナッツ

クンクン……エサの匂いを嗅ぎ分けるシマリス。「僕の好きなナッツはど〜れだ?」

シマリス くるみ

顔くらい大きいくるみを抱えて、ムシャムシャとかじりつくシマリス。

一概にシマリスといっても、さまざまな性格の子たちがいます。好奇心旺盛な子から、臆病で控えめな子まで。エサをあげてふれあいながら、シマリスたちをじっくり観察してみてはいかがでしょうか?

「オホーツクシマリス公園」に併設されたカフェ「喫茶 夕陽の家」も

シマリスたちとふれあったあとは「喫茶 夕陽の家」で、ひと休みするのもおすすめ。

喫茶 夕陽の家

営業時間:10:30~16:00(LO15:30)
営業日:金・土・日・祝日のみ営業

カフェメニューや、軽食などがあります。一部メニューをご紹介。メニューは変わることもあるのでご注意ください。

ブレンドコーヒー(450円)
アイスコーヒー(500円)
カフェオレ(520円)
紅茶(470円)
レモンスカッシュ(470円)
バニラアイス(450円)
コーラフロート(550円)
バナナ&チョコのミニパフェ(500円)
白玉クリームぜんざい(500円)
カレーライス(680円)

また、「オホーツクシマリス公園」から3.7km、車で6分ほどの場所にあるジェラート専門店「Rimo(リモ)」もおすすめ。

Rimo ジェラート

本場イタリアのコンテストで優勝した職人さんが腕をふるうジェラートを、味わってみてはいかがでしょうか。

関連記事

北海道に行ったら食べたいグルメのひとつが、北海道産の生乳を使用したジェラート。広大な土地でのびのびと育てられた牛の生乳は、まろやかで濃厚なのが特徴です。 北海道網走市にある「Rimo」では、網走産の牛乳を100%使ったジェラートが食べ[…]

Rimo ジェラート

ジェラートの約60%は牛乳でできているそう。Rimoでは地元の酪農家による、網走産の牛乳を100%使用しているとのことでしたよ。

網走に来たなら「オホーツクシマリス公園」でシマリスと遊ぼう!

シマリス公園 看板

北海道網走市呼人にある「オホーツクシマリス公園」は日本でも数少ない、シマリスとふれあえる観光スポット。

「安全についてのルール」をしっかりと守り、かわいらしいシマリスたちとたわむれてみてはいかがでしょうか。

冬季は休園しているので、来園する時期には気をつけてくださいね。

住所:北海道網走市呼人352
電話:0152-48-2427
営業時間:10:00~16:00(入園は15:30まで)
開園時期:5月上旬~10月上旬
定休日:なし
料金:3歳以上400円(エサつき)
駐車場:あり

スポンサーリンク