日立おさかなセンターの「味勝手丼」。好きなネタだけを“身勝手”に

味勝手丼

海沿いの街に訪れたからには、食べておきたい「海鮮丼」。

色とりどりの新鮮なネタが乗った海鮮丼は、キラキラとした宝石箱のようです。

どうせ海鮮丼を食すなら、世界にひとつだけのオリジナル丼を作ってみませんか?

茨城県にある道の駅「日立おさかなセンター」では、鮮魚店にズラリと並んだ新鮮な魚介類から、好きなネタをチョイスして海鮮丼が作れます。

ぜひ「日立おさかなセンター」で、好きを詰め込んだ夢の海鮮丼を、心ゆくまで堪能してみてくださいね。

目次

国道245号線沿いをドライブ! 茨城県「日立おさかなセンター」へのアクセス

日立おさかなセンター

道の駅「日立おさかなセンター」があるのは、茨城県日立市みなと町

海を眺めながら、国道245号線沿いをドライブしていると現れる水色の建物です。

最寄りインターチェンジである、常磐自動車道「日立南太田I.C.」からは、10分ほどで到着します。

駐車場

「日立おさかなセンター」の駐車場は3つ。

どれも広々として駐車台数が多いので、平日はスムーズに駐車できます。

ただし、土日祝日は満車になるほど混み合うため、午前中に行くのがおすすめです。

あかつ水産のおすすめ! “身勝手丼”ならぬ「味勝手丼(みがってどん)」とは?

店舗案内

道の駅「日立おさかなセンター」から、車で6分ほどの場所にある「久慈漁港」では、毎日新鮮な魚介が水揚げされます。

「日立おさかなセンター」の店舗には、久慈漁港で水揚げされた新鮮な魚介がズラリ。

おトクな値段で並んでいます。

なかでも、お客さんがたくさん訪れる鮮魚店が「あかつ水産」。

「日立おさかなセンター」でいちばん大きな店で、近くの海で獲れたさまざまな魚介が店先に並べられています。

あかつ水産

あかつ水産の名物は、身勝手”にオリジナルの丼ぶりを作れる「味勝手丼(みがってどん)」

長いショーケースに並べられた新鮮なネタから、自分の好きなネタだけをチョイスできるんです。

食べたいネタだけしか乗っていない海鮮丼を作れるなんて、まるで夢みたい……!

味勝手丼 作り方

そんな夢の「味勝手丼」の作り方は、こちらです。

①好きなネタを選んでお盆に乗せる
②レジでごはんのサイズを選び、お会計
③“身勝手”に盛り付ける

では、早速「味勝手丼」を作っていきましょう!

あかつ水産のメニュー「味勝手丼」の作り方 ①好きなネタを選んでお盆に乗せる

ショーケース

まずは、ショーケースに並んだ新鮮なネタのなかから、自分の好きなネタを選んでいきます

海鮮具材

「まぐろ」「サーモン」といった定番のネタから、「アオヤギ(貝)」「ヤリイカ」といった珍しいネタまで、さまざまな具材がズラリ。

「あかつ水産」には、水揚げされた魚がどんどんと届くため、選んでいるあいだにもショーケースに魚が追加されていきます。

おいしそうなネタがたくさんあって、なかなか決まらない!

この日並んでいた具材はこちら。

この日の具材(31種類)

漬けサーモン/漬けまぐろ/蒸しエビ/マダコ
するめいか/甘エビ/やりいか/かんぱち
生サーモン/赤エビ/醤油いくら
天然黒まぐろ大とろ/天然黒まぐろ中とろ
天然黒まぐろ上とろ/天然黒まぐろ上赤身
中とろぶつ/マダイ/めばちまぐろ赤身/ほたて
めばちまぐろ上赤身/めばちまぐろ中とろ
アオヤギ/生うに/アジタタキ/つぶ貝/塩すじこ
醤油こうじ/納豆/わさびのり/めかぶ/しらす

別日のショーケース
別日に撮影

以前夏の時期に訪れたときは「ヒラメ」「カツオ」「ノドグロ」「さんま」といったネタもありました。

ネタが時期やタイミングによって変わるのも「味勝手丼」の魅力のひとつです。

あかつ水産のメニュー「味勝手丼」の作り方 ②レジでごはんのサイズを選び、お会計

ご飯のサイズ

好きなネタを選び終えたら、ごはんのサイズをチョイスしてお会計をしましょう

ごはんの種類は「小盛り」「中盛り」「大盛り」の3種類。

スープ

スープはセルフサービスです。

魚のうま味がぎっしり詰まっている、透き通ったあら汁がいただけます。

あかつ水産のメニュー「味勝手丼」の作り方 ③“身勝手”に盛り付ける

食事コーナー

お会計を済ませたら、「味勝手丼」の専用お食事コーナーへ移動。

選んだネタとごはん
選び終えたあとに「地物やりいか」が並べられ、思わず追加でチョイス

選んだネタとごはんを持って席に座ったら、自分で盛り付けていきます

どれだけおいしそうに見えるかは、盛り付けセンス次第!

中とろぶつ

「中とろぶつ」(550円)をごはんのうえに乗せると、かなりのボリューム。

もはや、ほかに何も乗せず「中とろ丼」として食べても満足できるほど、ずっしりと入っています。

盛り付け

つまみ食いしそうになる気持ちを抑えて、彩りのバランスを考えながら盛り付けていきます。

子ども連れのファミリーやカップルは、この時間も盛り上がること間違いなしです。

日立おさかなセンター・あかつ水産で「味勝手丼」ランチを堪能!

味勝手丼 完成

ていねいに盛り付け終わり、世界にひとつだけの海鮮丼が完成!

いっしょに行ったパートナーも、どうやらオリジナル海鮮丼が完成したようです。

いざ、実食。「全部おいしそうだけど、どれから食べよう」とワクワク!

ゼイタク海鮮を身勝手にてんこ盛り! 超豪華「味勝手丼」ランチ

超豪華「味勝手丼」

手に持つとズッシリと重さを感じるほど、ネタをこんもりと盛り付けた「味勝手丼」

ゼイタクに「生うに」や「いくら」までトッピングされています。

寿司屋で頼むと「特上」で出てくるレベル!

海鮮丼のなかみ(合計2,620円)

大盛りごはん(140円)
するめいか(150円)
地物やりいか(180円)
甘エビ(190円)
漬けまぐろ(210円)
マダイ(240円)
いくら(280円)
中とろぶつ(550円)
生うに(680円)

超豪華「味勝手丼」 実食

「生うに」は臭みが一切なく、舌のうえに濃厚な甘みが広がります。

「いくら」はプチプチと口のなかで弾け、幸せな気持ちに。

どのネタを食べてもおいしすぎて、箸を持つ手が止まりません。

特におトクだと感じたのは「中とろぶつ」。

上品な脂が口のなかでスッと溶けて、まぐろのうま味がドッと押し寄せてきます。

夢中でかきこみ、ペロリと完食しました。

サーモンといくらを身勝手にたっぷりと! 高コスパの「味勝手丼」ランチ

高コスパの「味勝手丼」

サーモンといくらが親子共演を果たした「味勝手丼」

ごはんが隠れるほどネタが乗ってるにも関わらず、2,000円未満とリーズナブルなのもうれしいポイント。

海鮮丼のなかみ(合計1,695円)

中盛りごはん(95円)
ネギトロ(130円)
ほたて(130円)
赤エビ(190円)
サーモン(190円)
漬けまぐろ(210円)
マダイ(240円)
アオヤギ(230円)
いくら(280円)

高コスパの「味勝手丼」 実食

「サーモン」は脂がたっぷりと乗っていて、寿司屋でいうところの「大トロサーモン」。

舌のうえでとろける、サーモン好きにはたまらないお味です。

大ぶりな「ほたて」は甘さが段違いで、ぷりぷりとした食感も楽しめました。

サービスのあら汁と「味勝手丼」の相性もバツグン。

魚のうま味がスープに溶けていて、スッキリとしたおいしさでした。

日立おさかなセンター・あかつ水産は「浜焼き」も有名! 詳しい値段はこちら

あかつ水産 浜焼き

あかつ水産は、「味勝手丼」だけではなく「浜焼き」も人気。

「日立おさかなセンター」内で買った食材であれば、あかつ水産の浜焼きコーナーで焼いて食べられますよ。

浜焼き 利用料金

「浜焼き」の利用料金はこちら

利用時間90分70分
大人(中学生以上)278円185円
小学生95円95円
幼児(小学生未満)無料無料

特大エビや貝がセット価格に! 「浜焼きセット 上」

浜焼きセット 上
「浜焼きセット 上」(2,500円)

特大サイズのエビが乗った「浜焼きセット 上」。

ホタテやカキなどの貝もセットになっています。

せっかくなので浜焼きにも挑戦。

浜焼き

新鮮な魚介たちを網のうえに並べ、豪快に焼いていきます。

パチパチとした音とともに、海の幸のいい香りが漂ってきました。もう、おいしくないわけがない……。

焼けたタイミングを見計らって、いただきます!

エビはプリプリ食感で、貝からは濃厚なエキスがジュワッと出てきます。

おいしいものを食べている時間って、どうしてこんなに幸せなんだろう。

アツアツの浜焼きとあわせたい! ドリンクメニューとお値段

ドリンクメニュー

アツアツの「浜焼き」といっしょに、キンキンに冷えたビールはいかがでしょうか?

ドリンクメニューはこちら。

ドリンクメニュー(一部)

生ビール 中ジョッキ(480円)
生ビール 中瓶(510円)
ノンアルコールビール(360円)
レモンサワー(360円)
ハイボール(360円)
ソフトドリンク 各種(240円)

ランチから営業! 茨城県「日立おさかなセンター」周辺で食事ができる店

食事 店

「日立おさかなセンター」の周辺には、「とんかつ」や「ラーメン」などの食事ができる店も並んでいます

ランチから営業しているので、土日には行列ができることも。

「日立おさかなセンター」のレストランはこちら。

周辺のレストラン

みなと亭(とんかつ)
大盛軒(ラーメン)
久慈浜 みなと寿し(寿司)
エイミーズキッチン(軽食)
すぎのや本陣(そば)
マル佑(漁師食堂)
濱膳(海鮮レストラン)

野菜や海鮮も! 茨城県「日立おさかなセンター」内でお土産が買える店

鮮魚店

「日立おさかなセンター」のなかには、お土産が買える店がいくつか入っています

鮮魚店も並んでいるので、新鮮な海鮮をお土産にするのもいいですね。

JAの直売所

JAの直売所では、新鮮な農産物が陳列されています。

茨城が生産量日本一を誇る「ほしいも」も。あぶって食べると、さらに甘みが感じられますよ。

道の駅「日立おさかなセンター」に行ったら「味勝手丼」「浜焼き」を食べよう!

道の駅 雑誌

新鮮な海鮮が立ち並ぶ、道の駅「日立おさかなセンター」

なかでも、あかつ水産で食べられる「味勝手丼」「浜焼き」が人気を集めています。

世界にひとつだけのオリジナル海鮮丼を求めて、「日立おさかなセンター」に訪れてみてくださいね。

“身勝手”に作った「味勝手丼」を堪能しましょう!

「日立おさかなセンター」の基本情報

住所:茨城県日立市みなと町1-5779-24
電話番号:0294-54-0833
営業時間:9:00〜18:00
定休日:なし
駐車場:あり

よかったらシェアしてね!

関連記事

目次
閉じる