北海道「天に続く道」は絶景写真スポット!展望台へのアクセスも紹介

長くながく、空へとまっすぐに続いている道ーー。

北海道・知床斜里にある「天に続く道」は、その名の通り、天に向かって道が続いているように見えるスポットです。日本中を探しても、このフシギな風景はここだけでしか見られません。

天に続く道

28.1kmにも及ぶ直線は、「絶景をバックにした写真が撮れる」として人気の写真撮影スポット。ドライブやツーリングの聖地としても有名で、国内外から多くの観光客が訪れています。

北海道観光の際には、ぜひ車やバイクで「天に続く道」へ訪れてみてはいかがでしょうか。

ナビにはマップコードを設定!写真撮影スポットへの行き方!無料駐車場アリ

天に続く道 スタート地点

北海道・知床斜里「天に続く道」に行こうと思っている方。写真撮影スポットの住所・マップコードは、以下の通りです。

住所:北海道斜里郡斜里町峰浜
マップコード:642 561 460*88

女満別空港から 約60.0km 車で1時間10分ほど

写真撮影スポットは2018年に完成したばかりなので、古いカーナビの場合は検索にヒットしません。そのため、上記のマップコードを入力するのがおすすめです。

天に続く道 無料駐車場

写真撮影スポットのすぐ横に、収容台数10台ほどの無料駐車場があります。バイクで来た方は、駐車場の端に停めていました。

28.1kmもの長い直線道路「天に続く道」

天に続く道

「天に続く道」は、28.1kmもの長さがある直線道路です。

まっすぐ続くアスファルトのグレーが、晴れやかに広がる空のブルーに溶けこんでいくような不思議な光景。

「天に続く道」は、日本で2番目に長い直線道路です。その景観のうつくしさでは、「日本でナンバーワンの直線道路」との呼び声も高いそうですよ。

写真撮影スポット 手前
写真撮影スポットの手前側から撮った写真

せっかく「天に続く道」に来たからには、ぜひともうつくしい景観を撮りたいもの。

しかし、写真撮影スポットの手前側から撮影すると、電信柱と電線がジャマに……。ちょっぴり残念な写真になってしまいます。

天に続く道 撮影台

おすすめの撮影位置は、撮影台の前のほう。できるだけ「天に続く道」に近づきつつ、看板が映るような位置から撮影すると、電信柱も電線も写り込みません。

おすすめの撮影方法は、低いアングルから撮影すること。低い視点から撮影することにより、道路が空へとのぼっていく雰囲気がグッと出ますよ。

ぜひ、紹介した方法でお気に入りの一枚を撮ってくださいね。

オホーツク海へと続く道

「天に続く道」の撮影スポットから右手を見ると「オホーツク海」が見えます。

この「オホーツク海へと続く道」も、隠れた絶景ポイントなんです。特におすすめの季節は冬。海上には一面に流氷が広がり、オホーツクの冬ならではの神秘的な光景が見られるんだとか。

冬季の「天に続く道」は、2月のみ除雪が行われて通行可能になります。流氷が見たい方は、2月を狙っていきましょう。

北海道・知床斜里「天に続く道」をドライブ

天に続く道 ドライブ

網走から知床・ウトロに向かう道である「天に続く道」は、ツーリング好きのバイカーの聖地として知られる絶景ルート。

「天に続く道」のスタート地点からバイクや車に乗って、網走方面に向かってドライブをするのもおすすめ。北海道の雄大な景色を望みながら、爽快なドライブを楽しみましょう!

きれいな景色に気を取られて、スピード超過や脇見運転をしないように注意してくださいね。

「天に続く道」の途中には「名もなき展望台」も!

名もなき展望台

「天に続く道」から網走方面に約1.1km進んでいくと、左手に展望台が。

こちらの展望台は「名もなき展望台」と呼ばれています。4〜6名ほどしか登れない小さな展望台です。

展望台から見える景色

展望台からは、オホーツク海・防風林・畑が段々に広がる光景が。海に向かってシャッターを切れば、青・緑・黄色のうつくしいコントラストを1枚の写真におさめられます。

北海道・知床斜里「名もなき展望台」の駐車場・マップコード

名もなき展望台 駐車場

「名もなき展望台」にも行こうと思っている方。「名もなき展望台」の住所・マップコードは、以下の通りです。

住所:北海道斜里郡斜里町字朱円東
マップコード:642 559 474*66

女満別空港から 約60.0km 車で1時間10分ほど

駐車場の収容台数は10台ほど。スペースが広いので、駐車しやすいのがうれしいポイントです。

北海道・知床斜里「天に続く道」に行くなら

天に続く道 おすすめの時期

北海道・知床斜里にある「天に続く道」は、うつくしい景観が望めることで有名なスポット。年々人気が高まり、いまでは北海道の定番観光地となりつつあります。

「天に続く道」が特に見ごろとなる時期はふたつ。「春分の日(3月下旬)前後」と「秋分の日(9月下旬)前後」です。その時期になると「天に続く道」の延長線上に夕日が沈む、幻想的な光景が望めます。

広大な大地をもつ北海道ならではの光景を見に、「天に続く道」に足を運んでみてはいかがでしょうか。

あわせて読みたい

底までくっきりと見えるほど透き通る、コバルトブルー。水深5mの池底に眠る、神秘的な木たち。 北海道・斜里にある「神の子池」は、森のなかにひっそりとたたずむ神秘的な泉です。 [caption id="attachment_1733[…]

神の子池
あわせて読みたい

6月上旬〜8月上旬に北海道・道東エリアに行くなら、「さくらの滝」まで足を運んでみてはいかがでしょうか? 「さくらの滝」といっても、“桜”が名前の由来になっている滝ではありません。“サクラ”マスが大量に発生する滝なんです。高さ3.7mの[…]

さくらの滝
住所:北海道斜里郡斜里町峰浜
マップコード:642 561 460*88
電話:0152-22-2125(知床斜里町観光協会)
営業時間:24時間
定休日:なし
駐車場:10台

スポンサーリンク