ウミガメと一緒に泳ぐ!波照間ブルーの「ニシ浜」でシュノーケリング

日本一美しい海といわれる波照間島「ニシ浜」。その波照間島でしか見られない海の美しさは「波照間ブルー」と名付けられるほどです。

鮮やかなコバルトブルーの海と、どこまでも続く白い砂浜ーーそこには、息を呑む絶景が広がっています。

ニシ浜 絶景

遠浅で透明度バツグンのニシ浜はシュノーケリングに最適。運がよければウミガメと出会えることもあります。

離島ならではの穏やかな時間の流れに身を任せ、さざ波に耳を傾けてみてはいかがでしょうか。

レンタルサイクルがおすすめ!「ニシ浜」へのアクセス

ニシ浜 案内板

石垣島から波照間島は高速船に乗り、約60分で到着します。波照間港からニシ浜へは約1km、徒歩の場合は10分ほどです。

しかし波照間島は坂がとても多く、徒歩ではきつい道ばかり。そのため、電動自転車やバイクをレンタルするのがおすすめです。

ニシ浜 くだり坂

波照間島の中央にある通りからのびる坂をくだっていくと

ニシ浜 撮影スポット

眼下に波照間ブルーの海が広がります。坂の中腹から見るニシ浜もまた格別。おすすめ写真スポットのひとつですよ。

ニシ浜 駐輪場

借りてきた自転車やバイクは、ニシ浜近くのスペースに駐輪できます。レンタカーもこちらのスペースに駐車しましょう。

注意点がひとつ。ニシ浜近くは観光客の手荷物を狙ったカラスが多くいます。「荷物にカバーをかける」「レンタカーの窓は閉めておく」など自衛をしましょう。

「ニシ浜」でシュノーケリングの前に!コインロッカーなどの設備を確認

ニシ浜にはコインロッカーはありません。そのため、貴重品は自己管理すること。

ニシ浜 トイレ

トイレ・シャワーは駐輪場のすぐ横にある建物内にあります。更衣室はありませんが、海に入ったあとはシャワールームで着替えている人がほとんどでしたよ。

ニシ浜 シャワールーム

シャワールームはふた部屋。しっかりと施錠できるので、安心してシャワーが浴びられます。

ニシ浜 シャワー

シャワー室のなかにはシャワーが2本あり、ふたり同時に入れます。壁には備えつきの荷物棚がありますよ。

波照間島の水道水は石垣島からパイプで引いているため、非常にコストがかかっています。節水を意識しましょう。

ニシ浜 ホース

「ホテルでシャワーを浴びる」という人は、外のホースで足が洗えますよ。砂がついた持ち物もこちらのホースで洗いましょう。

ウミガメに会えるかも!「ニシ浜」でシュノーケリング

ニシ浜 水中

波照間島の海は世界トップレベルの透明度を誇ります。ニシ浜にきたからには、ぜひともシュノーケリングをしましょう。波照間島の美しい海のトリコになること間違いなしです。

ニシ浜内でのシュノーケリングセットレンタルはありません。シュノーケリングセットを持っていない人は近くのペンションなどで借りましょう。

ニシ浜 遠浅

ニシ浜は遠浅のビーチなので、ある程度は沖に行っても足がつきます。そのため、小さなお子様連れでも安心して海遊びができますよ。

ニシ浜 ウミガメ

運がいいとウミガメと出会えることも。ウミガメは浅瀬にも遊びにきます。ちなみに午前中のほうがウミガメに会えるチャンスが多いのだとか。

この日は運がよかったのか、午後3時ごろにニシ浜に着いて、30分ほどでウミガメに出会えました。

ウミガメと一緒に泳ぐときのポイントは「近づきすぎないこと」「絶対にウミガメには触らないこと」

ウミガメは臆病な生き物です。びっくりするような経験をすると、その場所には二度と現れないことも。しっかりとポイントを守って、楽しく泳ぎましょうね。

シュノーケリングをするときの注意点

ニシ浜 注意点

シュノーケリングをするときの注意点は以下の通り。

  • ライフジャケットを着用しましょう
  • 浅いところでシュノーケリングの使い方を練習しましょう
  • 一人で泳がず、必ず複数人で泳ぎましょう
  • 飲酒・体調管理は事故のもとです
  • 天気の悪いときは、やめる勇気を持ちましょう
  • 子供だけでは遊ばせないでください。子供から目を離さないでください

ニシ浜ではシュノーケリングの事故が多発しているそうです。波照間島の海を楽しむために、上記の注意点を意識しましょう。

「ニシ浜」で見る絶景!サンセットを見ながら乾杯

ニシ浜 サンセット

ニシ浜は燃えるような美しいサンセットが見られることでも有名。シュノーケリングを楽しんだあとは、さざ波に耳を傾けながら沈んでいく夕陽を眺めてはいかがでしょうか。

砂浜に座りながら見るのもよし、海に入りながら見るのもよし。思い思いのロマンチックなひとときを過ごしましょう。

ニシ浜 オリオンビール

サンセットを見ながらキメたいのは「オリオンビール」。真っ赤に染まる幻想的な景色を見ながら、キンキンに冷えたビールをグビグビ。最高の贅沢とはこのことか……。

「サンセット×オリオンビール」をキメるときは、くれぐれも周りのカップルたちの雰囲気を壊さないように気をつけましょうね。ゴミもしっかり持ち帰りましょう。

シュノーケリングを終えたら!「ニシ浜」近くでひと休み

パーラーBooBoo 看板

ニシ浜に向かう坂道の途中にある「パーラーBooBoo」では食事ができます。

パーラーBooBoo イートインスペース

店先にはイートインスペースがあります。テイクアウトもできるので、海を見ながらニシ浜で食べる人も多くいますよ。

パーラーみんぴか 看板

ニシ浜から歩いて5分ほどの場所には「パーラーみんぴか」も。黒みつかき氷が絶品なので、ほてったカラダを冷やしに行ってみてはいかがでしょうか。詳しくは下記の記事をご覧ください。

ビーチのあとにひとやすみするなら

透き通ったブルーの海が美しく、南十字星が見えることで有名な「波照間島」。 そんな波照間島で遊び疲れたら、ニシ浜近くのカフェ「パーラーみんぴか」でひと休みしてはいかがでしょうか? かき氷でクールダウンするのもよし、オリオン生ビールを飲ん[…]

パーラーみんぴか かき氷

波照間島は営業時間が短いお店がほとんど。ニシ浜で遊び過ぎて夕飯抜きなんてことにならないように、事前に夕飯の計画も立てていくとよいですよ。

石垣島のビーチなら

石垣島の市街地近くにリゾート気分が味わえるビーチがあるって知っていますか? その名も「マエサトビーチ」(漢字で書くと「真栄里ビーチ」)。石垣市真栄里にある「ANAインターコンチネンタル石垣リゾート」が管理しているビーチなんです。 […]

マエサトビーチ 砂浜
池間島のビーチなら

ハート型にぽっかりと穴があいた不思議な岩「ハート岩」。長い年月をかけ、サンゴの岩礁を波が侵食して作り出した、自然のアートです。 そんな「ハート岩」があるのは、宮古島から池間大橋でつながる「池間島(いけまじま)」。透き通ったブルーの海が[…]

ハート岩
住所:沖縄県八重山郡竹富町字波照間
交通:波照間港から徒歩10分
定休日:年中無休
設備:トイレ・シャワーあり

スポンサーリンク