神秘の泉「神の子池」で、おとぎの国に小旅行。ー北海道斜里郡・清里

底までくっきりと見えるほど透き通る、コバルトブルー。水深5mの池底に眠る、神秘的な木たち。

北海道・斜里にある「神の子池」は、森のなかにひっそりとたたずむ神秘的な泉です。

泉 アップ
いまにも水の精霊があらわれそう

目の前の景色が現実世界ではないような、不思議な感覚におちいってしまいます。まるでおとぎ話の世界に迷い込んだよう

北海道・斜里に行ったら「神の子池」まで足を運び、泉からパワーをもらってはいかがでしょうか?

神様の贈り物「神の子池」! なぜ青いのか、その理由は?

池底

一切のかすみがなく、透き通っていて底まではっきりと見える「神の子池」。周囲は220m、水深は5mです。幻想的でうつくしい風景が人気を集め、北海道・斜里の定番観光スポットになっています。

神の子池 説明看板

外輪山(摩周湖近くの山)に降った雨や、雪解け水が、1日12,000tも池に湧き出ています。

古くから「摩周湖(カムイトー=神の湖)の伏流水が湧いた池」と言い伝えられていたため、「神の子池」の名前がつきました。

池底 アップ
腐らずに、きれいな姿を残す倒木

大量に湧き出る伏流水により、年間を通じて約8℃をキープ。低い温度では菌が繁殖しにくいため、化石のように形を残したまま倒木が折り重なっています。

神の池 引き

そんな「神の子池」の特徴といったら、清々しいコバルトブルー。不思議なまでにきれいな青色を発しています。実際に足を運び、視界に「神の子池」が入ったとたん、その青さに思わず「わあ……」と声に出してしまいました。

なぜ青いんだろう?」と思って地元の人に聞いてみたら、青い理由は明確に解明されていないそう。実地調査がされていないのですが、一説では「太陽光が池底の石灰に反射して、青白くなっている」といわれているんだとか。

一周220mの遊歩道をのんびりぷらり。「神の子池」の楽しみ方

神の子池 看板

森のなかにひっそりとたたずむ「神の子池」。人里から遠く離れているので、あたりは静寂に包まれています。

遊歩道

耳をすましながら、1周220mの遊歩道をのんびり歩いてみましょう。しんと静まった空間のなかに、さまざまなBGMが広がっていることに気づかされるはず。

森 全体

木々のあいだからは、野鳥のさえずりや、草木のざわめきが聞こえてきます。

下流 せせらぎ

下流から聞こえてくるのは「神の子池」から流れ出る水のせせらぎ。

都会の雑音から離れ、自然のBGMを聴きながら、癒しのひとときを感じてみてはいかがででしょうか。

うつくしい神の子池を守るために!潜水や水中撮影、魚釣りは禁止

注意書き 看板

「神の子池」には、絶滅危惧種である「オショロコマ」という魚が生息しています。オショロコマは、きれいな冷たい水でしか生息できない魚。

そのほかにも貴重な動植物が住んでいます。目をこらしながら、じっくりと観察してみてはいかがでしょうか?

環境保全のために設定されている禁止行為はこちら。

・神の子池での潜水、及び水中撮影
・神の子池及び、周辺での魚釣り
・小銭の投げ入れ

「神の子池」の風景を守るためにも、禁止行為は避けてくださいね。

神の子池のアクセスは? 住所・マップコードはこちら

案内看板

「神の子池」へアクセスするには、レンタカーを使うのがメイン。最寄り駅は11kmほど離れている「JR緑駅」で、歩くと片道2時間以上かかってしまいます。北海道は土地が広くて、観光はレンタカーがないと不便なので、滞在期間中借りておくのがおすすめです。

車に乗って、いざ「神の子池」へ。もし、カーナビに「神の子池」を入力しても検索表示されない場合は、以下のマップコードを入力しましょう。

住所:北海道斜里郡清里町字清泉
マップコード:910 216 222*66

主要スポットからの、車での詳しい距離・所要時間は以下の通りです。

摩周湖から 43.2km 47分

網走駅から 57.7km 1時間4分

女満別空港から 62.4km 1時間7分

釧路駅から 102km 1時間50分

田舎道につき、熊出没注意。神の子池までの詳しい行き方

ハトイ林道 手前道路
手前:道道1115号、奥:ハトイ林道

「神の子池」に行くには、道道1115号(道道摩周湖斜里線)から、ハトイ林道へ入ります。

神の子池風景林 看板

ハトイ林道は緑に囲まれているので、道を見逃しやすく、行き方に迷ってしまう人もいるので注意。「神の子池風景林」と大きく書かれた看板が目印です。2kmほど、舗装されていない一本道を通ります。

ハトイ林道
道幅は狭いダートコース

運転に自信のない外国人観光客や、大きな観光バスも多く通る、ハトイ林道。土日やハイシーズンは渋滞になることもあるので、時間に余裕をもって訪れるといいですよ。

熊の目撃情報もあるので、慎重に運転しましょう。

冬は立ち入り禁止! 2月にあるスノシューツアーのみOK

神の子池風景林 入り口

周辺には5月ごろまで雪が積もっているため、「神の子池」に入れるのは、例年6月ごろ〜11月ごろとなります。冬季は除雪されていないので、神の子池周辺は通行できません。

「冬だけど神の子池に行きたい!」という方。例年2月ごろに「NPO法人きよさと観光協会」による「神の子池スノシューツアー」が開催されています。気になる方は以下のリンクをチェックしてみてくださいね。

NPO法人きよさと観光協会

天気がいい日は「神の子池」へ! おとぎの国に迷い込んではいかが?

神の子池

ここでしか見られない、神秘的な光景が見られる「神の子池」。リアルの世界に現れた、おとぎの国を体験できるスポットです。

「神の子池」のブルーは、差し込む太陽光の加減によって姿を変えます。よりうつくしいブルーを見るためには、晴れた日のお昼ごろに行くのがいいでしょう。舗装されていない道を歩くので、雨の日だと服が汚れることもあります。

もし早起きできる方は、朝5時ごろに行くのもおすすめ。朝霧がかかった「神の子池」は、さらに幻想的なブルーになるそうですよ。

北海道・斜里にきた際には、「神の子池」に足を運んでみてはいかがでしょうか。

あわせて読みたい

6月上旬〜8月上旬に北海道・道東エリアに行くなら、「さくらの滝」まで足を運んでみてはいかがでしょうか? 「さくらの滝」といっても、“桜”が名前の由来になっている滝ではありません。“サクラ”マスが大量に発生する滝なんです。高さ3.7mの[…]

さくらの滝
あわせて読みたい

長くながく、空へとまっすぐに続いている道ーー。 北海道・知床斜里にある「天に続く道」は、その名の通り、天に向かって道が続いているように見えるスポットです。日本中を探しても、このフシギな風景はここだけでしか見られません。 […]

天に続く道 撮影台
住所:北海道斜里郡清里町字清泉
マップコード:910 216 222*66
電話:0152-25-4111(NPO法人きよさと観光協会)
営業期間:6月ごろ〜11月ごろまで(雪がない期間)
営業時間:24時間
定休日:なし
駐車場:あり(無料)

スポンサーリンク