池間ブルーの海を眺める!幸せを呼ぶスポット「ハート岩」への行き方

ハート型にぽっかりと穴があいた不思議な岩「ハート岩」。長い年月をかけ、サンゴの岩礁を波が侵食して作り出した、自然のアートです。

そんな「ハート岩」があるのは、宮古島から池間大橋でつながる「池間島(いけまじま)」。透き通ったブルーの海がなんともうつくしい小さな島です。

看板

ハート岩は、フォトジェニックな写真が撮れるだけでなく、“幸せを呼ぶ癒しのスポット”としても人気を集めています。

宮古島から池間島まで足を延ばして、透明度バツグンの海を眺めながら、幸せパワーをいただいてみてはいかがでしょうか。

宮古島市・池間島へ! 「ハート岩」の住所・マップコード

案内看板

「ハート岩」は、宮古島と池間島を結ぶ「池間大橋」から車で4分ほどのキョリにあります。住所・マップコードはこちらです。

住所:沖縄県宮古島市平良字池間
マップコード:721 643 122*03

池間大橋から見る絶景! 「ハート岩」までのアクセス

池間大橋
池間大橋から眺める海

池間島は、宮古空港から17.9km、車で23分ほどの場所にあります。まずは宮古島と池間島をつなぐ「池間大橋」を渡りましょう。全長1,425mの「池間大橋」から眺めるブルーの海は絶景です。

池間島に入ったら、そのまま左回りに県道230号線を走ります。

駐車場 左手

県道230号線を2.6km、車で4分ほど走らせると左手に駐車場が見えてきます。わかりやすい目印がないので、見逃さないようにしてくださいね。

駐車場

十数台ほど停められる駐車場には、砂が敷き詰められています。駐車スペースに区切り線が引いてあるわけではないので、隣の車との間隔に注意しながら駐車しましょう。

駐車場からハート岩までは、目と鼻の先。うっすらと波の音が聞こえてきます。

駐車場から「ハート岩」まで!道中には撮影スポットあり

小道

駐車場の奥手にある小道をのぼります。砂が細かいので、足を取られないようにゆっくりと歩きましょう。

坂の上

坂をのぼると、視界の奥にチラリとのぞくブルーの海。潮の匂いが濃くなってきました。ハート岩まで、もう少しです!

撮影スポット

ハート型の看板の奥には、ビーチが見えます。うつくしいブルーの海をバックに、看板といっしょに旅の思い出を撮影してみてはいかがでしょうか。

階段

ビーチに降りる階段は、砂で隠れています。滑らないように気をつけて降りてくださいね。

「ハート岩」ごしに透明度バツグンの海を見よう!

ハート岩

「ハート岩」から眺める、透明度バツグンの海はまさに絶景。このロマンチックな景色は、朝の連続テレビ小説『純と愛』のロケ地になったほどです。

イキヅービーチ

「ハート岩」があるイキヅービーチは、静かで穴場のビーチとしても有名。波の音を聴きながらビーチでのんびりと過ごすのもアリです。

くっきりとしたハートを撮るためには干潮時間を狙おう!

満潮と干潮のあいだくらいの時間帯
満潮と干潮のあいだくらいの時間帯

「ハート岩」があるイキヅービーチは、西向きのビーチ。うつくしいブルーの海をバックに、くっきりとしたハートが見たい方は、朝の干潮時を狙いましょう。夕方の干潮時だと逆光になって、海がきれいに写りません。

気象庁 潮位表 平良
ただ、夕方の干潮時には、夕日をバックにした「ハート岩」が見えます。干潮のタイミングとサンセットが重なる日はとてもラッキーなので、オレンジ色に染まる海とハート岩を堪能してくださいね。

宮古島観光の際には、ぜひ池間島にある「ハート岩」へ

池間ブルー

うつくしいブルーの海は“池間ブルー”と呼ばれ、世界中から観光客が集まる池間島。

宮古島に訪れた際には、お隣の池間島にある「ハート岩」まで足を運んでみてはいかがでしょうか。

石垣島のビーチなら

石垣島の市街地近くにリゾート気分が味わえるビーチがあるって知っていますか? その名も「マエサトビーチ」(漢字で書くと「真栄里ビーチ」)。石垣市真栄里にある「ANAインターコンチネンタル石垣リゾート」が管理しているビーチなんです。 […]

マエサトビーチ 砂浜
波照間島のビーチなら

日本一美しい海といわれる波照間島「ニシ浜」。その波照間島でしか見られない海の美しさは「波照間ブルー」と名付けられるほどです。 鮮やかなコバルトブルーの海と、どこまでも続く白い砂浜ーーそこには、息を呑む絶景が広がっています。 […]

ニシ浜 ウミガメ
住所:沖縄県宮古島市平良字池間
マップコード:721 643 122*03
営業時間:24時間OK
定休日:年中無休
駐車場:あり

スポンサーリンク