宮古島・来間島カフェ「パニパニ」でのトロピカルな時間!人気メニューを味わう

宮古島から来間大橋を渡った先にある「来間島(くりまじま)」。透き通ったブルーの美しい海に囲まれた、一周10kmほどの小さな島です。

そんな来間島でホッとひと息つきたいなら、カフェ「パニパニ(Pani Pani)」へ。

トロピカルな植物に囲まれて、サラサラの白砂が敷き詰められた店内では、こだわりのメニューがいただけます。自家製のもっちりパンから、色鮮やかなスムージーまで!

「パニパニ」に行って、南国の風を感じながらリゾート気分を味わいませんか?

沖縄・宮古島に来たなら、来間島までドライブ!カフェ「パニパニ」までのアクセス

カフェ「パニパニ」があるのは、沖縄・宮古島に隣接している「来間島(くりまじま)」。宮古島からは、来間島までを結んだ「来間大橋」を通って行けます。

宮古空港から来間大橋までは、車で12分ほど。コバルトブルーに輝く、全長1690mの海上ドライブを楽しみましょう!

右手 パニパニ

来間島に入り、そのまままっすぐ車を走らせること2分ほど。右手側にカフェ「パニパニ」が見えてきます。

駐車場

手前に駐車場があるため、見逃さないようにご注意を!駐車場は、20台ほど駐車できるスペースです。

来間島のカフェ「パニパニ」は白砂が敷かれ、トロピカルな植物に囲まれていた

パニパニ 入り口

「パニパニ」の営業時間は、10時から16時(15時30分ラストオーダー)まで。季節によっては、10時から17時(16時ラストオーダー)になります。

10月のとある金曜日、10時10分頃に到着したら、店内はすでに8割埋まっていました。

10時20分を過ぎた頃には、もう満席に。オープンから30分も経たずして、外に2組ほどの待ちができる人気ぶり。

スムーズに入店したいなら、オープンと同時に行くのがおすすめです。

パニパニ 店内

テーブルが8つほど置かれた店内は、南国の風をダイレクトに感じられる空間です。

パニパニ 白砂

床にはサラサラの白砂が敷かれていて、まるでビーチにいるかのよう。

パニパニ 庭

店の周りを囲むように、トロピカルな植物たちが植えられています。まわりの景色を眺めるだけでも、すでにリゾート気分に!

ビーチ 砂

店内の棚のうえには、色や粒の大きさも違う砂が入った、7つのビンが置かれています。

この砂たち、来間島・伊良部島・池間島・前浜ビーチ・砂山ビーチ・吉野海岸・保良泉ビーチから集めてきたもの。

どれも特徴が違うので、比べながら見てみてくださいね!

来間島のカフェ「パニパニ」!人気メニューをご紹介

「パニパニ」には、フードからドリンクまで、魅力的なカフェメニューがそろっています。

ドリンク
左:ドラゴンバナナシェイク、右:クリ〜マソーダ(480円)

人気のドリンクメニューは「ドラゴンバナナシェイク」(580円)と「クリ〜マソーダ」(480円)。

「ドラゴンバナナシェイク」は、ドラゴンフルーツの鮮やかなピンク色が特徴です。

甘過ぎないバナナのしっかりとした風味が口いっぱいに広がります。ドラゴンフルーツのつぶつぶ食感が楽しい!

「クリ〜マソーダ」は、ネーミングを“来間(くりま)”とかけた、粋なクリームソーダです。

来間島の海の色がグラスのなかで再現されていて、心が弾むうつくしさ。かき氷が入っていて、シュワシュワでキンとした冷たさを味わえます。

パンピザ

自家製のパニパニパンを使ったピザ「ひき肉タコス」(380円)も人気メニュー。

ピザ生地のうえにタコスがたっぷりと乗っています。濃厚チーズとタコスの相性はバツグンです。

タコスさん

自家製パニパニパンをしっかりと味わいたいなら、サンドウィッチ「タコスさん」(480円)がおすすめ。

パンのなかに、ひき肉タコスと厚切りチーズが挟まっている一品です。

パニパニパンは、素材の味が感じられる、もっちりとした仕上がり。ピリッと刺激的なサルサソースが、味のアクセントに!

ネーミングがかわいい「パニパニ」。全メニューをピックアップ!

メニュー

カフェ「パニパニ」には、ご紹介したメニューのほかにも、さまざまなラインアップがそろっています。そこで、ドリンクメニューと食事メニューをすべてピックアップしていきますね。

アイスカフェラテ(400円)
ホットカフェラテ(450円)
アイスコーヒー(400円)
ホットコーヒー(350円)
夏限定! 塩珈琲グラニータ(500円)
コーヒーフルート(500円)
コーヒージュリー(430円)
マンゴーシャーピット(650円) ※7月頃〜
んまんまマンゴォグラニータ(600円) ※7月頃〜
ドラゴンバナナシェイク(580円) ※7月頃〜
バンジロースムージー(500円) ※8月頃〜
元気パニパニジュース(450円)
クリ〜マソーダ(480円)
いみっちゃがまクリ〜マソーダ(350円)
すうすうスカッシュ(400円)
ドリンク 店内
カラフルなドリンクが映える店内
タコスさん(480円)
テリヤキさん(480円)
焼きカレーさん(480円)
塩豚ロース(430円)
しりしりチキン(430円)
チーズ&アーモンド(380円)
たーまーごー(380円)
ピザドック(380円)
ひき肉タコス(380円)
人参しりしり(350円)
バジル(350円)
ドライトマトとフレッシュバジル(400円) ※3月〜6月頃
ガーリック(180円)
シナモンシュガー(180円)
ローズマリー(180円)
黒糖ピーナッツ(200円)
ハニージンジャー(200円)
黒糖クリームチーズ(250円)
キャラメルバナナ(300円)
黒糖くるみハニー(300円)

キャラメルバニラアイス(450円)
モカバニラアイス(450円)
んまんまカフェ氷(400円)
んまんま金時氷(450円)
さんぴん氷(350円)
かき氷(300円) ※いちご・レモン・メロン・ブルーハワイ

季節によっては、まだ始まっていない商品や、終わっている商品もあります。かわいらしいネーミングで、どのメニューも気になる……!

カフェ「パニパニ」には手づくりの雑貨とアクセサリーも!沖縄・宮古島のおみやげにいかが?

お土産売り場

入り口近くには、おみやげにぴったりな、手作りの雑貨やアクセサリーが売られています。

お土産 アクセサリー

カラフルなアクセサリーは、ブレスレットにもアンクレットにもなる実用的なアイテム。

お気に入りの色を見つけて、自分用のおみやげにしてはいかがでしょうか? 大切な人と色違いでおそろいにするのもすてきですね。

サンゴの置物

沖縄らしい、サンゴの置物も。部屋のなかに置くだけで、一気に南国らしいムードにしてくれますよ。

来間島の期間限定カフェ「パニパニ」。オープンしているのは3月から11月末まで!

パニパニ 営業時間

「パニパニ」は、期間限定オープンのカフェ。オープンしている月は、3月から11月末までです。12月から2月末までは長期休業のため、足を運ぶシーズンには要注意!

オープン期間中は、不定休です。月に何度か休みの日があるため、空いているか不安な場合は、電話で問い合わせてみてくださいね。

屋根だけが付いている屋外カフェのため、雨の日・風が強い日・寒い日もおやすみに。

沖縄・宮古島に来たら、来間島のカフェ「パニパニ」へ!トロピカルな気分に浸ろう

パニパニ 看板

南国らしい空間で、こだわりの食事とお茶が楽しめる、来間島のカフェ「パニパニ」。もっちり食感のパンメニューも、写真映えするドリンクも、どれも絶品で大満足!

パニパニ”とは、宮古島の方言で「元気」「新鮮」といった意味があるんだそう。

カフェ「パニパニ」は、トロピカルな雰囲気で、まさに元気をチャージできるような場所でした。沖縄・宮古島に行った際は、ぜひ訪れてみてはいかがでしょうか?

パニパニから歩いて2分のカフェ

沖縄・宮古島でカフェランチを探しているなら、「来間島(くりまじま)」まで足を延ばしてみてはいかがでしょうか? 来間島は、宮古島から来間大橋でつながっている、気軽に行ける離島です。 そんな来間島にあるカフェ「島茶家 ヤッカヤッカ」[…]

ランチ サラダ
宮古島で作業ができるカフェまとめ

天国のような景色が広がっており、宮古牛は舌のうえでとろけ、泡盛を飲んで今宵も酔いどれ。 宮古島、最高です。 ただひとつ……ただひとつだけ……。わたしたちノマドワーカーにとって生命線となる、Wi-Fiと電源完備の「作業カフェ」が少[…]

作業スペース
住所:沖縄県宮古島市下地来間105−1
電話番号:0980-76-2165
営業時間:10:00〜16:00(季節によっては10:00〜17:00)
定休日:不定休(月に何回かあり)
駐車場:あり(20台ほど)

スポンサーリンク