ボタン海老やアワビの踊り食い!札幌「二条市場」で食べ歩き朝ごはん

北海道観光に来たからには、新鮮な魚介を味わっておきたいところ。

札幌にある「二条市場(にじょういちば)」は、獲れたての海産物が食べ歩きできる人気スポットです。

“好きなモノをチョイスして、その場でいただく”。まさに、場外市場だからこそできる最高のゼイタクでしょう。

札幌観光の朝はちょっぴり早起きをして、「二条市場」で朝獲れの海の幸を堪能してくださいね。

車は近くのコインパーキングへ! 札幌「二条市場」へのアクセス

二条市場 外観

二条市場があるのは、札幌テレビ塔から歩いて5分ほど。札幌の中心街にあります。

無料駐車場はないので、周辺のコインパーキングにクルマを停めましょう。二条市場のまわりをグルっと回ると、駐車場がいくつかあります。駐車料金の目安は、30分300円くらいです。

食べ歩きも、朝食も、おみやげも! 「二条市場」って?

二条市場は、北海道グルメをメインに販売している市場です。

細かい時間は店舗によって異なりますが、7時頃から18時頃までオープンしています。朝早くからやっているので、朝ごはんを求めて訪れる人がたくさん。

二条市場 入り口

二条市場自体は、毎日営業しています。

定休日も店舗ごとに違うので、お目当ての店があるなら事前にチェックしておきましょう。多いのは、定休日を水曜日に設定している店舗です。

札幌二条市場 地図
引用:札幌二条市場 https://nijomarket.com/map/

二条市場は、大きく分けて「南二条通り」「中通り」「仲店通り」の3つの通りがあります。

カニ

メインストリートは「南二条通り」。カニをはじめとした海の幸がズラリと並んでおり、食べ歩きをするのにぴったりです。

カキ

「カニお安くしますよ!」「プリンプリンの牡蠣を食べていきませんか?」といった威勢のいい声が飛び交っています。

見ているだけでも心が弾む魚介類は、食べ歩きだけではなく、おみやげとしても。

とうもろこし

二条市場に並んでいるのは、海の幸だけではありません。北海道ならではの野菜やフルーツも売られています。

“生でも食べられる”と謳われたとうもろこし「ゴールドラッシュ」「ホワイトコーン」は、シャキシャキでほんのりと甘みがあるおいしさ。

おみやげにする場合は、空港で買うと1本600円ほどするので、二条市場で購入しておくのがおすすめです。時期や店舗によりますが、1本280円で売られていました。

夕張メロン

北海道のフルーツといえば「夕張メロン」。ジューシーな赤肉で、甘みがギュッと詰まっているのが特徴のメロンです。

ひと玉単位でも買えますが、食べ歩き用にカットされたものも売られています。

食堂

「おなかが空いたから、ガッツリと食事をしたい」と思っている方もご安心を。二条市場には、定食や丼ぶりが食べられる飲食店もそろっています。

7時台からオープンしている飲食店もあるため、「ウニいくら丼」を朝食にするなんてゼイタクもできますよ。

札幌「二条市場」で、実際にゼイタクすぎる食べ歩き!

活ホタテ

二条市場では、活きた魚介類をその場でさばいてもらえます。醤油やレモン果汁といった調味料も用意されており、これ以上ない新鮮な状態のまま、魚介類を食べられるんです。

なんて夢のような場所! というわけで、実際に食べ歩きをしてきました。

コストパフォーマンスが最強の「堺本商店」

堺本商店

明治39年から続く、歴史ある「堺本商店」。店頭には、「牡蠣」「ホッキ貝」といったさまざまな魚介類が並んでいます。

堺本商店 海鮮

例えば、こんな商品が。

牡蠣1ヶ(150円)
アワビ1ヶ(450円)
バイ貝1ヶ(600円)
ホッキ貝1ヶ(450円)
ボタン海老1本(350円)

(※大きさや時期、その日の漁獲量によって異なります)

居酒屋や飲食店で食べるよりも良心的な値段で、おサイフに優しいのがうれしいポイントです。

「ボタン海老」「ホッキ貝」「アワビ」

実際にさばいてもらったのは、「ボタン海老」「ホッキ貝」「アワビ」。

ボタン海老

ボタン海老は、食べようと手で持つとピクピクと動き、踊り食い状態。身が引き締まっていて、プリプリと通り越し、もはや“ブリンブリン”です。

ボタン海老のほんのりとした甘みが口のなかに広がって、夢心地に。海老味噌も濃厚で、ビールや日本酒と合わせたくなる……!

左:ホッキ貝、右:アワビ
左:ホッキ貝、右:アワビ

ホッキ貝は、舌のうえで踊るシャクシャク食感。噛むほどに甘みがじんわりとしみ出し、目を閉じてゆっくりと味わいたくなります。正直、「ホッキ貝ってこんなにおいしいのか!」と驚かされました。

アワビは、歯ごたえバツグンのゴリゴリ食感。ハシで掴むと、なんとまだ動くんです。

磯の香りがふんわりと鼻から抜けて、しょうゆいらずのおいしさ。苦みがたまらない肝もしっかりと添えられていました。

品ぞろえが豊富な「池田商店」

池田商店

品ぞろえの豊富さが特徴の「池田商店」。「牡蠣」「ホタテ」といった定番貝類はもちろんのこと、「無添加生うに」「本マグロ」などもそろっています。

例えば、こんな商品が。

つぶ貝1ヶ(500円)
ホッキ貝1ヶ(400円)
ホタテ1ヶ(300円)
牡蠣1ヶ(200円)

(※大きさや時期、その日の漁獲量によって異なります)

「ホタテ」「ボタン海老」「つぶ貝」

実際にさばいてもらったのは、「ホタテ」「ボタン海老」「つぶ貝」。

ホタテ

ホタテは、プリッとほどけるような身から、ふんわりと甘みが感じられます。ホタテ貝がお皿代わりになっているのが、なんとも粋な演出。貝ひもも付いていて、シャクシャク楽しい食感です。

ボタン海老 つぶ貝

ボタン海老は、「堺本商店」で食べた海老のようにブリンブリン食感。濃厚な甘みがブワッと広がります。

味と食感が最大限に楽しめる大きさにカットされたつぶ貝は、コリコリ。ほどよい硬さで食べやすい食感です。甘みと潮の香りのマリアージュで、思わず笑みがこぼれてしまう味でした!

札幌「二条市場」で食べ歩きをして、幸せな朝食タイムを!

貝

「つぶ貝」「ホッキ貝」「牡蠣」などの食べ歩きができて、海鮮好き(特に貝好き)にはたまらない「二条市場」。

飲食店よりもリーズナブルに魚介類を味わえて、朝からゼイタクで夢のような時間を過ごせる場所でした。踊り食いしたボタン海老、人生でいちばんおいしい海老だった……。

「札幌テレビ塔」からだと歩いて5分ほどなので、札幌観光をするなら訪れてみてくださいね! 観光客が比較的少ない、朝ごはんの時間帯がおすすめです。

購入した商品を発送できる店舗も多いので、おみやげをゲットして“幸せの味”をあの人にも届けてみては

あわせて読みたい

北海道に訪れた際に、必ず食べておきたいグルメといえば、新鮮な海の幸。 ウニやいくら、カニなど、北海道にはさまざまなおいしい魚介がそろっています。 「新鮮な海の幸をおなかいっぱいになるまで食べたい!」と思う方も多いはず。 そ[…]

チョイスしたメニュー
住所:北海道札幌市中央区南3条東1丁目
電話番号:011-222-5308
営業時間:7:00-18:00(店により異なる)
定休日:水曜日が中心(店により異なる)
駐車場:なし(近くにコインパーキングあり)

スポンサーリンク